« 我が家のツンデレ | トップページ | 寒いからこそ »

2007年11月12日 (月)

リスクがいっぱいさ

やぁ、やぁ、やぁ。

どうも、どうも。

今日もお昼過ぎに大学へ向かいました。

無駄に時間が空いていますw

これも一種のモラトリアム?




さて、

今日はスピリッツの発売日なわけで

これまた無駄に長い電車に乗っている時間をつぶすべく

読んでいたわけです。





もちろん耳にはいつも通りのiPod。

そんでもって音楽は、

Mirrored Music Mirrored

アーティスト:Battles
販売元:Warp
発売日:2007/05/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑のBattlesを。






電車にゆらゆら揺られて

快適な時間を過ごしていたのですが、

やっちまった・・・






そう、酔ったのさ!!







いつもなら何でもない電車での読書も

ぶっ飛んだループサウンドを聴きながらでは

ダメらしい・・・





吐いたりはしませんでしたが、気持ち悪くなり

ぐったりしていると、

追い討ちをかけられる。





ちょっときつい香水の女性が隣にww




普段なら香水は全然気にならないんですが、

この状況では

まさしく命取りになりかねない代物。


ダブルで危ない。



リスクヘッジしようにも、この電車という密室ではどうする事も出来ない。

耐えるんだ、自分。

オォ~、ファイっ!ファイっ!



自分を奮い立たせて頑張ったよww





世の中には危険がいっぱいです。

リスクセンス―身の回りの危険にどう対処するか (集英社新書) Book リスクセンス―身の回りの危険にどう対処するか (集英社新書)

著者:ジョン・F. ロス
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ところ変わって、大学のコンピュータ室。

大学に到着する頃には、すっかり収まってました。

チャリンコこいだら直りました。(新鮮な空気を吸ったから?ww)



ちょっと聴きたかったCDがあったので

この部屋に来たわけですが、ガラガラ


昔のとんねるずのようです。

「ガラガラへーびがやってくるぅ♪」みたいなww


それもそのはず。

だってこの部屋はmacしかないのですから。



そうこういているうちに

ついに誰もいなくなりました。

私一人です。


その図

↓↓↓

Img_1128_2


「自由だー!!!!!」

ディアドロップのサングラスの彼のように叫んでやろうと思いましたが

ここは抑えておきました。

叫んだ瞬間に誰か来たら、気まずいからねww


それにしてここは静かでいいところです。

一度はおいでよww

あ、部外者はダメだけどねw




そうそう、その後2人来ました。

でも私もいい加減授業に行かなきゃいけないので

macからCDを取り出そうとしたら

CDがすぽーーーーーーんと

飛び出てきたwwwwwww



恐るべし、マックの力ww



静かな空間に流れるCDの転がる音。

背中に視線を感じつつ、そそくさと退室。


そんな1日でした。

トンデモネェ日。

ちなみに今日買ったCD

Pet Sounds Music Pet Sounds

アーティスト:The Beach Boys
販売元:Captol
発売日:1999/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevators Music The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevators

アーティスト:The 13Th Floor Elevators
販売元:Snapper UK
発売日:2005/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最後のCDはトゥクトゥク言ってます。

|

« 我が家のツンデレ | トップページ | 寒いからこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20997/8890785

この記事へのトラックバック一覧です: リスクがいっぱいさ:

« 我が家のツンデレ | トップページ | 寒いからこそ »